人のねうち|12月22日のことです。

Release: 2018/12/22 Update: 2018/12/22
Pocket

人のねうち

たとえ、その体にボロをまとっていようと、その足ははだしであろうと、あなたのねうちは豪毛の高下もない。
真の貴きは肉体ではない。肉体をしてかくあらしめる心である。生命である。
哲人ソクラテスは弊衣跣則足(へいいせんそく)、ちまたに彷徨(ほうこう)して道を説くこと二十年、山上に河岸に、風のごとくさまよい、福音を罪人に伝えたキリスト、雪山にまた菩提樹下に端坐禅定のシャカ。
いずれも暖衣飽食、金殿に住み、綾羅(りょうら)をまとったとも思われぬ。人のすべては、かかってその生命にある。

12月22日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

ソクラテスやキリストやシャカ。

偉大な人物がと思います。

一人の人間がこのように生きたというのは事実ですね。

人間のねうちが物にないというのはその通りだと思います。

人を物や見た目で判断してはいけませんね。

行動や言動をよく観察してみることも大切かもしれませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください