株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2019/09/08 Update: 2019/09/08

人は光を放つ小惑星|9月8日のことです

Pocket

人は光を放つ小惑星

愛育の恩は、必ず物によって行われる。衣食住のことから、生活環境に至る教育。生活まで、そして、これは皆、人の勤労支援によって今日あるもの、社会・国家・大衆の恩に発展して、世にことごとく恩の展開、恩の結集でないものはないことに気づく。すなわち我が生命は、恩のうずまきの中心の無限の恩の吸引である。
人は、八方より集まって恩の光の中にこれを受けて、八方に生命の光を放っている小遊星である。ただ自覚によってそれと意識して、その生活を充実することができるのである。

9月8日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

自分の命は恩の結集。

たしかにそうだなんだと思います。

しかしその境地に心が至るのは簡単ではないとも思います。

普段の生活でそれを完全に思って過ごすことは実は難しい。

自分の思考のくせは簡単には治りません。

ゴミ一つ拾ったって投げた人のことを考えて腹がたったりしますね。

まだまだです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください