働きは最良の健康法|6月21日のことです。

Release: 2018/06/21 Update: 2018/06/21
Pocket

働きは最良の健康法

世の人たちは栄養をとれば、それで体が良くなると思っている。
栄養というのは何だろう。これは人間が働くための石炭でないか、機械を動かずための電力ではないか。ボイラーに石炭だけぼんぼんたいて、いっこうに機械を動かせない馬鹿者がいる。働けば全身を養い、いよいよ健康になる。
人間は働かないと、心にすきができて、いらざる思いをする。その思いがつもって病気のたねになる。
働きは最良の健康法である。働きは長寿の秘法である。

6月21日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、本日の言葉です。

そう考えると、私はだいぶ栄養が多いようにも感じます。

たくさんの会に行ったり、たくさんの人と会話をしたりしていますので。

しかし、働きということになると時間がないとかすぐに心が反応してします。

石炭だけ焚いて、機械の動きがわるい馬鹿者ですね。

人に伝える努力もしなければと感じます。

まずはとにかく栄養分の働きをしなければなりません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください