其の有に非ずして之れを取る者は|7月18日のことです。

Release: 2018/07/18 Update: 2018/07/18
Pocket

其の有に非ずして之れを取る者は

夫の其の有に非ずして之れを取る者は盗なりと謂ふは、類を充めて義を尽くるに至るなり。(万章下四章)

かのそのゆうにあらずしてこれをとるものはとうなりというは、るいをひろめてぎのつくるにいたるなり。(ばんしょうしもよんしょう)

【訳】
そもそも自分のものではないのに取るには泥棒である。(したがって、天下をわがものにしようとする諸侯はすべて泥棒である)という理論は基準を広げ高め、極限まで突き詰めたものである(理屈は正しいが実際にはいろいろな事情があり、そこを考慮すべきである)

7月18日、今日の孟子一日一言です。

天から見てみれば人間のものなど何ひとつ無いというのが極論かもしれません。

今の生活すらも自分のものであって自分の物でない。

そんな気持ちを心の片隅にもつことがわがままを減らす方法かもしれません。

だから一つひとつに感謝が必要になってくるんでしょうね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください