大賢は愚なるがごとし。|4月9日のことです。

Release: 2019/04/09 Update: 2019/04/09
Pocket

大賢は愚なるがごとし。

命一ぱいに生きること、力一ぱいに働くこと、腹一ぱい食べること、全身の心の底から眠ること、全霊にもえたって喜ぶこと。
その悉くが極まって、何ともない相に帰ったもの、平々凡々、大賢は愚なるがごとし。
小さい己の智慧才覚に酔わず、ただ自然に乗托して、大宇宙の合して一となった心、相、そのとき、これに比すべき何物もなく、己をさまたげる一物もなく、悠々自適、まさに天井天下唯我独尊の妙境に優遊する。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月9日の言葉です。

大賢は愚なるがごとしを調べてみますと本当の賢い人というのはわかりずらいとのことです。

ぼっとしてる人がいても紙一重なのでよく観察することが必要。

宇宙と合致というとなんだか大げさに感じますが大きな世界からみれば人は小さな存在で自分自身ではどうにもならないことも多いということを知らなければなりませんね。

ただただ精一杯やれということなんでしょうか。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください