株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2019/02/02 Update: 2019/02/02

天なり|2月2日のことです。

Pocket

天なり

吾れの魯侯に遇はざるは天なり。(梁恵王下十六章)

われのろこうにあわざるはてんなり。(りょうのけいおうしもじゅうろくしょう)

【訳】
我が魯国の平王にお会いできないのは天命である。

〇松陰は、この一語について、「孟子みずから決心して、天に誓ったものである。(中略)今、私共が獄中にあって『孟子』を拝読するからには、深くこの意義を自得するべきである。」と記している。

2月2日、孟子一日一言の言葉です。

この一文だけではわかりずらいのですが孟子は人のせいにはしないということです。

他人に阻まれ合う約束を破られてもそれは天命だという。

普通の人にはなかなかできないことです。

うまくいかないことがあっても人のせいにしないようにしたいものです。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください