夫婦は一対の反射鏡|5月9日のことです。

Release: 2019/05/09 Update: 2019/05/09
Pocket

夫婦は一対の反射鏡

夫婦は違いに向いあった反射鏡である。夫が親愛の情にもえてやさしくすれば、妻は尊敬信頼して、世の中の夫より外に男性はないと、ただ一途に夫にたよる。この時夫は又、世の妻より外によき女性はいないと、愛情をかたむける。
反対に夫がいばりすぎ、封建思想をふりかざすと、妻は小さくなって、内にこもって亀のように強情になる。
夫婦は互いに相手をを直したいと思うのは逆である。ただ自分をみがけばよい。己を正せばよい。その時、相手は自然と改まる。夫婦は向いあった一組の鏡である。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、5月9日の言葉です。

相手を直したい。

それは常に自分の都合なんだと思います。

自分の好む方向になってほしいということ自体がすでにそうなんです。

ただただ自分が変わればよいということです。

この言葉を聞くと胸に刺さるものがありますね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください