希望に満ちた人生|9月7日のことです。

Release: 2018/09/08 Update: 2018/09/08
Pocket

希望に満ちた人生
耳にあるものは聞け、目にある者は見よ。偉大なる舞台を、天然のバックを、日月星の照明を、花鳥の彩色を、風浪の奏楽を、その主役の妙技を、助演者の活芸を・・・。
何という神の演劇、いったいだれが希望がないというのか。人生ことごとく輝く希望でみちあふれている。
9月7日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、昨日の言葉です。
神の演劇の中で人生は過ぎていきます。
地震や災害が自分には他人事のように普段見えていたかもしれません。
実際、ラジオでは情報は取れますがテレビとはまた違う感じでテレビで見ると結構衝撃的なことが多かった。
だれもが早く電気の復旧を望んでいました。
こんなに早く復旧していただきありがとうと感謝です。
まだまだ目途のたたない方もいらっしゃいます。
希望をもって一亥も早い復旧が望まれますね。
今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください