是の故に、散地には則ち戦うこと無かれ。(九地)|6月26日

Release: 2020/06/26 Update: 2020/06/26
Pocket

是の故に、散地には則ち戦うこと無かれ。(九地)

是故、散地則無戦。

「したがって、散地では戦いを避けるべきである」
戦場となる地域を、九つの種類にわけたので、以下でそれぞれの地域について、その特長や環境をとらえ、それに応じて指揮官のとるべき作戦を説明している。
”散地”とは、自分の領土内でいくさをするばあいである。
自国内で戦闘をすれば、勝っても負けても損害を受ける。したがって、戦わないのにこしたことはない。

6月26日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

自国内で戦わない。

自国内で戦わないようにするためにはどうすべきかですね。

攻めてきた場合はどうするか。

攻められないようにするにはどうするか。

常に考えていくことが大事です。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください