歯に如くはなし|2月26日のことです。

Release: 2018/02/26 Update: 2018/02/26
Pocket

郷党は歯に如くはなし。(公孫丑下二章)

きょうとうはしにしくはなし。(こうそんちゅうげにしょう)

【訳】
世間では重ねた年齢が最も尊ばれる。

〇松陰は、「孟子」の「三尊(爵位・年齢・道徳)」に関して、当時の長州藩士の風潮を、「爵位の尊さは知っているが、道徳の大切さを知らない。道徳の大切は知っていても、年齢を重ねた老輩・長者の尊さを知らない」と嘆いている。

孟子一日一言、2月26日の言葉です。

年を重ねることが尊ばれる世の中であってほしいですね。

どんどん高齢化が進んでいく日本ですから。

年は誰しもとっていくいくものです。

働く年齢もどんどん上がっていくでしょう。

健康に気をつけて元気にいく必要もまたありそうですね。

孟子もなれるまでしばらくかかりそうです(´;ω;`)

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください