物の情|3月26日のことです。

Release: 2018/03/26 Update: 2018/03/26
Pocket

夫れ物の斉しからざるは物の情なり。(滕文公上四章)

それもののひとしからざるものはじょうなり。(とうぶんこうかみだいよんしょう)

【訳】
そもそもどんなものでも違いあって同じではないということは、ものの自然の在り方である。

孟子一日一言、3月26日の言葉です。

世の中には一つとして同じものはないということでしょうね。

大量生産されるものでも作られた時間や作った人さまざまに違いがありますね。

すべてがまったく同じというはあり得ない話です。

それが自然というのは当然です。

人だって全く一緒で違う考えでそれぞれが生きています。

違うのが当たりまえですね。

自分を中心に考えるからおかしくなる。

違ってあたりまえですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください