隘形(あいけい)は、我先ずこれに居らば、必ずこれを盈(み)たして以て敵を待つ。若(も)し敵先ずこれに居らば、(地形)|5月23日

Release: 2020/05/23 Update: 2020/05/23
Pocket

隘形(あいけい)は、我先ずこれに居らば、必ずこれを盈(み)たして以て敵を待つ。若(も)し敵先ずこれに居らば、(地形)

隘形者、我先居之、必盈之以待敵。若敵先居之、盈而勿従、不盈而従之。)

「隘形とは、狭い地形のことである。味方が先に占拠していたら、まず要所要所に兵を配しておいて、敵の進攻を待つことである。もし敵が先に占拠していたら、(敵が十分に兵を配備している場合には、攻撃してはいけない。敵の配備が十分でない場合には、その程度に応じて攻撃するとよい)」
両軍間に険しい山があり、一本の狭い道しか通じてない地形が隘形である。かっこ内は「盈(み)つれば従うこと勿れ、盈たざればこれに従う。」

5月23日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

イチから知りたい!孫子の兵法には”崖に挟まれた地形”とあります。

地形と軍の態勢。

よくあることはモデル化するということが大事ですね。

何事も人間のすることですからパターンというものがある。

それを書いてある本を読むのはいいかもしれません。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください