人間の正味三十年

Release: 2023/01/24 Update: 2023/01/24
Pocket

人間の正味三十年

人間の一生は、相当長く見積もっても、まず七十歳前後というところでしょうが、しかしその人の真に活動する正味ということになると、まず三十年そこそこのものと思わねばならぬでしょう。一口に三十年と言えば短いようですが、しかし三十年たつと、現在青年の諸君たちも五十近い年頃になる。その頃になると、諸君らの長女は、もうお嫁入りの年頃になるわけです。

道元禅師は「某は坐禅を三十年余りしたにすぎない」と言うておられますが、これは考えてみれば、実に大した言葉だと思うのです。本当に人生を生き抜くこと三十年に及ぶということは、人間として実に大したことと言ってよいのです。そこで諸君たちも、この二度とない一生を、真に人生の意義に徹して生きるということになると、その正味は一応まず、三十年そこそこと考えてよういかと思うのです。

修身教授録

#森信三 #森信三運命をひらく365の金言 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新  #朝活 #読書 #感謝 #言葉

何かを30年やる。

今考えて30年出来ていることなど一つもないような気がします。

とにかくここから30年何か続けられるように考えなければいけません。

それには道を求めるメンターのような人が必要だと感じますね。

今までやってきたことを整理するときかもしれません。

体はとっくに人生の午後になってきてるわけですからね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください