「すなお」とは|3月1日のことです。

Release: 2018/03/01 Update: 2018/03/01
Pocket

「すなお」とは、張りきって、その時・その場所に一ぱい(全)に充ちていること、楽しく朗らかに力一ぱい働いていることである。だから「スナオ」の元は、はり(緊張)である。春は、張るで、冬の寒さのちぢみ細った草木、とりけものが、のびのびと伸び始める。こうした春の草木を見て「ああスナオだなぁ・・・」と思わぬものがあろうか。緊張とは不用のものは何一つ持たず、むだなことを思わず、青春のような心で力一ぱい働いていることである。ものが本来ある通りになったもの。この姿が緊張であり、すなおである。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)の3月1日の言葉です。

スナオが緊張というのはまた変わった表現に感じました。

力一ぱい働くことがすなお。

これ以上ないという張りが必要。

緊張は張りきった状態ですから余計なものは何も入りませんね。

雑念のはいる余地がない。

まだまだ張りきって頑張らなければいけませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください