うるわしい愛|2月14日のことです。

Release: 2018/02/14 Update: 2019/01/12
Pocket

世にいう青年の恋愛、命をかけて恋い慕う情熱。これは、愛の燃えたった絶頂ではなくて、実は出発なのです。真の夫婦の間に生まれる愛情は譬えようも考えようもない、うるわしく、ゆかしいものです。
こうした夫婦生活の妙味は、完全な童貞を持ち続けたこと、処女性を守りぬいたことによってのみ、得られるものであります。どんなことがあっても、童貞を守りぬかねばなりません。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)、2月14日の言葉です。

ここでいう童貞や処女性は純情な愛ということでしょうか。

夫婦になるとどうしても生活が優先されて思いやりにかけてきますね。

家庭生活の基本は夫婦仲だとは思います。

自分に置き換えた時にどうなっているのか。

反省ですね。

周りをみていると本当に純情溢れる夫婦がいるものです。

見本として学ばなければいけませんね。

自分が変われですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください