すべては心の持ち方|11月5日

Release: 2019/11/05 Update: 2019/11/05
Pocket

すべては心の持ち方

汚いとか美しいとか、それは、ただ人がそう思うだけである。「がる」から、そうなるのである。初めて会った時、いやだなあと思っていても、だんだん好きになることも少なくない。
不足不満は、もともと有るのではない。思うから、そうなるのである。ただそうした状態があり、そうした物がある。それに対して、ある者は不足を思い、ある者は何とも思わぬ。寒さそのもの、暑さそのものに、良し悪しがあるのではない。
がるから、なるのである。そう思うからそうあるのである。

11月5日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

おはようございます。

本日もよろしくお願いします。

この言葉はまさしくそうで強く感じるところです。

人それぞれに今思っていることは全く違うということです。

同じ共有体験をしていても頭で感じることは違うということです。

同じラーメンでも体調によりまったく違う味に感じるということはあります。

いままでの体験からくるものなども勝手に思っているだけのことですね。

みんあ違うとしっかりと認識することはとても大事なことですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください