万物は元にもどる|6月9日のことです。

Release: 2018/06/09 Update: 2018/06/09
Pocket

万物は元にもどる

宇宙はそのままで完全である。この全さを、いよいよ明らかにするため、欠け目ができる。しかし、欠け目は必ず元にかえる。
世は、歓楽の交響、光の映発でみちみちている。その喜びを真実にするために苦難があり、光を明らかにするために陰ができる。しかし、苦難や陰影は本物ではない。さわやかな夏の朝、蓮池の広いまろ葉のまん中に、すきとおった露の真玉が宿っている。草の穂をぬいて、その玉をゆがめる。草をはなすと、すぐに元にかえる。一切の本質にかえる。万物は元にもどる。

6月9日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

さすがに詩人でもあると感じる言葉です。

元に戻ろうとする力というは結構な強さであります。

人間も所詮は自然の一部というのは災害などで感じるところです。

しかし、街は再生されて元に戻るし、人が作ったものは時としてあっけなく自然に戻される。

波の満ち引きのように戻ろうとする。

そういうものなんですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください