不自由は心の迷い|2月2日のことです。

Release: 2018/02/02 Update: 2019/01/12
Pocket

これまで不自由は、時のせい、所のせい、人のせい、環境のせいと考えた。しかし、そうではなかった。
これで厳寒の候に、寒さちぢみ上がるのは、さもしい心の人間共だけである。この時、動物の多くは、しずかに冬眠して、夏の動きに備え、秋の充実の準備をしている。
目前の対象に、時・処に不自由を感じているのは、実は己のわがまま根性が写ってそうさせるところで、如何なる環境にも事柄にも仕事にも、不自由は何一つないのである。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)2月2日の言葉です。

不自由ということに対して、何かのせいにしてしまいます。

わがままがでてるんでしょうね。

昨日のアンガーマネジメントみたいに自分を客観的にみる感覚を養わなければいけませんね。

いま、自分のわがままがでているな~とか。

いま、自分はイラついてきているな~とか。

そんなときは5秒、10秒考えることが必要ですね、一呼吸。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください