世を動かす人|9月1日のことです。

Release: 2018/09/01 Update: 2018/09/01
Pocket

世を動かす人

事に高下があり、物に尊卑があると考えるのは、人の錯覚である。
貴賤尊卑は人の心にあって、物そのもの、事そのことに、あるのではない。
これを人の肉体についてみると、頭と手足を、目鼻と胃腸と、これに甲乙があろうわけがない。職業そのものに、貴賤尊卑の区別は、無い、断じてない、ただ自分でいやしいと思う仕事は賤しく、自らたっとしとたのむ職業はたっとい。
己の職業に忠実な人が、真の世のためになる人であり、己の天職を自覚し天命にすなおな人が、世を動かす人である。

9月1日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

今現在の仕事に誇りをもって忠実に業務をこなす。

それが世のため人のためになる。

力強い言葉です。

何のためにと自分自答してもなかなか答えは出ないものです。

ふだんはそんなことを考えながら仕事していないですし。

仕事は必ずだれかの役にたっているものです。

誇りをもって仕事をしていきます。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください