株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営 > 日記 > 孟子 > 中心より面目に達す|3月29日のことです。
Release: 2019/03/29 Update: 2019/03/29

中心より面目に達す|3月29日のことです。

Pocket

中心より面目に達す

其の親死すれば則ち挙げて之を壑に委つ。(中略)其の顙に泚たるありて睨して視ず。夫の泚たるに非ず、中心より面目に達す。(滕文公上五章)

【訳】
親が死ぬと、その死骸を運び、谷間に棄てた。(中略)(その死骸に鳥獣が群がっているのを見て)人は額に冷や汗を流し、横目でちらっと見るだけであった。その冷や汗は、他者に見られるのを恥じたからではない。心の底から親に対してすまない、忍びないと感じて、顔色ににじみでたのである。

3月29日の孟子一日一言です。

そういう時代もあったのでしょうね。

土にも埋めず谷に投げた時代。

それをすかさず鳥などが群がる。

申し訳ない気持ちなるのは当然ですね。

後ろめたいことはしないようにしたいものです。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください