争地には則ち攻むること無かれ。(九地)|6月28日

Release: 2020/06/28 Update: 2020/06/28
Pocket

争地には則ち攻むること無かれ。(九地)

争地則無効。

「争地ではムリに攻撃してはならない」
”争地”とは、敵でも味方でも、先に占領したら有利な地域である。
先に占領した方が有利になるので、こういう地域では双方が相争う。
ここの”攻むること無かれ”とは、やみくもに攻めるな、ということではない。敵に先をこされて占領されていたら、という前提があるはずだ。
初めから攻撃してはいけないのなら、決して”争地”とはいえないはずである。

6月28日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

この場所では先に占領されていたら絶対に攻めてはいけない。

諦めて違う場所に移動した方がいいですね。

場所場所での戦い方も熟知しておく必要があります。

そしてこの場所では後発部隊を急がせて、一緒にいなくてはいけません。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください