人々己れに貴きもの|9月1日のことです。

Release: 2018/09/01 Update: 2018/09/01
Pocket

人々己れに貴きもの

人々己れに貴きものあり、思はざるのみ。(告子上十七章)

ひとびとおのれにとうときものあり、おもわざるのみ。(こくしかみじゅうななしょう)

【訳】
人間は誰も皆自分自身の中に貴いもの(天爵)をもっている。ただ、それに気づかないだけである。

9月1日、孟子一日一言の言葉です。

心のどこかでおかしいと思うことがあります。

それが天爵というものなんでしょうね。

良心は天爵と言えるかもしれません。

人のためにならないことなどは実際はわかっているのに威勢をはるようなことも時もある。

それは自分を傷つけていることかもしれません。

天爵に気づきそれを守ることが生活の上では必要なことですね。

自分自身のためにも。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください