人間は発電体|8月12日のことです

Release: 2019/08/12 Update: 2019/08/12
Pocket

人間は発電体

中国地方に、実業家があった。あるところまで成功すると我がままが出、身体をそこね、事業も一気に下りはじめた。
ふとした事から、「君の滅入った心が、事業をだめにする。さびしい心が、人を寄せつかせなくするのだ」と友人に教えられた。これはいかぬと、夕食を大人数一緒に食べ、店は大売り出しを始めた。その日から、体の自由がききだした、商売も事業もにぎやかになった。
人間は一つの発電体のようなもの。朗らかであると、明るいあたたかい電気を放ち、相手を同じ心持ちに引き入れる。

8月12日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

自分の気持ちは自分でしか解決できない。

セルフコーチングの技術の大事かもしれませんね。

やっぱり悪循環というものがあって一度うまくいかないことがあると気が滅入ることはあります。

それでも朗らかにいようと明るくいようと努めることが大切ですね~。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください