共同生活体|8月20日のことです。

Release: 2018/08/20 Update: 2018/08/20
Pocket

共同生活体

夏の夕方、むし暑い軒下で腰をかけて見ていると、クモどもが、それぞれの綱をひき終えている。土の上をみると、そこここにアリの穴がある。私どもの家庭は、多くの生きものの共同生活体です。
尾のルリ色をしたトカゲが床下から出てきて、サッと庭木の間にかくれます。
イタチが一匹いて、私が朝早く起きて天をはらう高杉に向かって無言で立っておると、その前をそっと横ぎるのです。
こうした家にいる動物は、平素可愛がっておくと、家に異変があると、皆守ってくれるのです。

8月20日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

最近の家庭事情ではこういう状況は難しいかもしれませんね。

しかし、生き物を大事にするということは大事なことです。

なるべくなら逃がすようにしたいものです。

目くじらたてて虫を追っかけるようなことはぜず、なるべく外に逃がすようにしたいですね。

北海道ではあと3か月もすれば雪が降りますしね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください