凡そ兵を用するの法、将、命を君より受け、軍を合し衆を聚(あつ)め、和を交えて舎するに、(軍争)|3月16日

Release: 2020/03/16 Update: 2020/03/24
Pocket

凡そ兵を用するの法、将、命を君より受け、軍を合し衆を聚(あつ)め、和を交えて舎するに、(軍争)

凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、交和而舎、(莫難於軍争、軍争之難者、以迂貸直、以患貸利。)

「そもそも戦争とは、まず将軍が君主の命を受けて兵士を動員し、部隊を編成し、陣を構えて敵と対峙するという段取りで展開するが、(最も難しいのは敵との闘争、つまり戦闘の方法である。戦闘の難しさは”迂を以て直となす(急がば回れ)”と”患を以て利となる(禍を転じて福となす)”というところにある)」
迂とは回り道、直とは直線のこと。
軍争より難きは莫し。軍争の難きは、迂を以て直と為し、患を以て利と為すにあり。

3月16日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください