創業の精神を貫く|3月19日のことです。

Release: 2018/03/19 Update: 2018/03/19
Pocket

創業の精神はあくまでかえてはならないのです。
といっても毎年毎月、同じことするのは間違いであります。自由闊達に端倪すべからざる営業ぶりをせねばなりません。働きぶりから、配置をけることまで・・・
そして朗らかな気分で、「創業の精神」を一貫してく。
ただ、いろいろなやり方をかえる。そしてあらゆる面にわたって、常に研究することを忘れぬことであります。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)3月19日の言葉です。

創業の精神を忘れてはいけませんね。

なんのためにこの会社が存在しているのか。

常に変化もしていかなければなりません。

時代の流れはとても早いのですから。

春はまたそれを考えるよい機会かもしれません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください