功に食ましむるなり|4月5日のことです。

Release: 2018/04/05 Update: 2018/04/05
Pocket

志に食ましむるに非ず、功に食ましむるなり。(滕文公下四章)

こころざしにはましむるにあらず、いさおしにはましむるなり。(とうぶんこうしもよんしょう)

【訳】
(報酬は)目的に対して与えるのではなく、成果に対して与えるのである。

〇松陰は江戸獄の同囚法華僧日命の説いた「君恩・親恩・師恩・一切衆生の恩」を是とし、「功績もないのに報酬や御恩を受けながら、これを忘れるという者は、天地間に容れられるものではない」と記している。

孟子一日一言、4月5日の言葉です。

報酬というものはたしかにそうです。

経営者というのは成果主義ですが、働く人はそうでない場合がありますね。

目に見える成果に対しての報酬であればどんなに楽でしょう。

しかし、経営者は様々を含め運営しなければなりませんね~。

それもまた当然のことであります。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください