吏強く卒弱きを陥(かん)と曰う。(地形)|5月30日

Release: 2020/05/30 Update: 2020/05/30
Pocket

吏強く卒弱きを陥(かん)と曰う。(地形)

吏強卒弱曰陥。

「前文とは逆に、将校たちが強くて兵卒が弱い場合を、陥という」
”陥”とは、窮地にはまりこむこと。ここでは、士気があがらず部隊が窮地に陥ることをさしている。
一つの部隊で、指揮官や将校ばかりが意気軒昂であっても、大多数の兵卒が弱虫ぞろいで士気があがらなければ、部隊は窮地にはまりこみ、ムリに進撃すれば壊滅するばかりである。これも指揮官が悪いためで、一種の人災である。

5月30日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

社長だけががんばってもだめというのはこのことですね。

人材教育が大事だと改めて感じます。

なんでも自分でやってしまうのは一番だめなパターンですね。

一人でできることには限度がありますよ。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください