君を軽しと為す|12月4日のことです。

Release: 2018/12/04 Update: 2018/12/04
Pocket

君を軽しと為す

民を貴しと為す。社稷之れに次ぎ、君を軽しと為す。(尽心下十四章)

たみをたっとしとなす。しゃしょくこれにつぎ、きみをかろしとなす。(じんしんしもじゅうよんしょう)

【訳】
国家とって人民を一番貴いものとする。土地や穀物の神により守られる国土がその次で、君主を一番軽いものとする。

12月4日、孟子一日一言の言葉です。

考えてみると、国というものは同じ場所にいる人が集まった塊ということが言えるかもしれません。

どんどん集団が大きくなっていくイメージでそれが少しずつ価値観を一緒にして大きくなっていく。

一番は人民というのは当然かもしれませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください