君子の人に異る所以|6月10日のことです。

Release: 2018/06/10 Update: 2018/06/10
Pocket

君子の人に異る所以

君子の人に異る所以は、其の心を存するをもってなり。(離婁下二十八章)

くんしのひとにことなるゆえんは、そのこころをそんするをもってなり。(りろうしもにじゅうはっしょう)

【訳】
心ある立派な人が一般の人と異なる理由は、その心を常に反省し、本来の心を在して、失わないからである。

6月10日の孟子一日一言です。

徳を積むような人というのはそういう人なんだと思います。

心ある人というのはある意味で信念のある人だと言えます。

常に反省をし自分のいたらなかった点を反省して修正していく。

人間は欲がありますが、自分の利益のためだけにそのエネルギーを使いがちです。

しかし、それではうまくいかないんですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください