株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営 > 日記 > 孟子 > 唯だ理に当たるのみ|2月28日のことです。
Release: 2019/03/03 Update: 2019/03/03

唯だ理に当たるのみ|2月28日のことです。

Pocket

唯だ理に当たるのみ

尹氏曰く、言ふこころは君子の辞受取予は唯だ理に当たるのみと。(公孫丑下三章)

【訳】
尹氏がいっている。「(孟子が)いいたいことは、心ある立派な人が他者から物を受け取るかの基準は、それが道理にかなっているか、かなっていないかの問題だけである」と。

〇松陰は、この朱子の註の一部を取り上げ、「心ある立派な人は、何事も道理にかなうか否かを考えて行動する」と記している。

孟子一日一言、2月28日今日の言葉です。

道理にかなっているかが判断の基準。

道理とは何かということになります。

”物事の正しい筋道”

正しいことかというのが判断基準ということです。

正当にな対価なのか醜いことから得たものではないか。

道理に従いものは受け取るべきということですね。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください