善を為さば|1月30日のことです。

Release: 2019/01/31 Update: 2019/01/31
Pocket

善を為さば

苟も善を為さば、後世子孫必ず王者あらん。(梁恵王下十四章)

いやしくもぜんをなさば、こうせいしそんかならずおうじゃあらん。(りょうのけいおうしもじゅうよんしょう)

【訳】
善政を行えば、後世、子孫の中から必ず王者が誕生するでしょう。

1月30日の孟子一日一言の言葉です。

今の時代が善政かということは実際今はわからないものです。

悪政はすぐわかるのですが。

自分に置き換えてみると心から善であれば、将来に子供、孫などにいいことがある。

いい行いは今どこかに反映しなくても将来に影響を及ぼすかもしれないということでしょうね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください