喜んでやる|5月7日のことです。

Release: 2018/05/07 Update: 2018/05/07
Pocket

喜んでやる

人の「喜び」に出会うと、何とも言われぬよい気持ちになるのはなぜだろう。
相手の心の光とうるおいとの放射に包まれるからである。暗い室に電灯がついたように、明るさに抱かれるからである。
喜んで仕事にかかると、機械に油をさしたかのように物事がすらすら運ぶ。
喜んで人を応接すると、難しいことでも、すらすら片付く。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、5月7日の言葉です。

人に喜んでもらう。

これは他人のためではなく自分のためということなんでしょうね。

人でも機械でもなんでも喜んで取り掛かることがうまくいくこつなんでしょうね。

気持ちをどう持つか。

それによってすべて変わる。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください