喜んで税金を納める|2月10日のことです

Release: 2018/02/10 Update: 2019/01/12
Pocket

喜んで税金を納める人の事業がますます栄え、税を恐れビクビクしたり、いやいやながら納めたり、なるべく納めまいとしたり、期限をおくらせたりする、そうしたけちついた、しみったれた心では、その事業は発展しない。
細々としたトウガラシのような灯をともした夜店が繁昌せぬごとく、経営者が堂々と心の火を高くかかげ、いくらでも税金を納めよう、できるだけたくさん納めて多額納税者になろうと、希望にみち喜びあふれた人の仕事は、伸びてのびて止まるところを知らぬ。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)2月10日の言葉です。

払うべきものははらい、締めるところはしっかりと締める。

基本ですね。

普段から、預かりものという意識を強く持たなければなりませんね。

そうすることが事業発展となるのでしょうね。

けちついた、しみったれた心はいけません。

少し本読むというような戦略時間も作らなければいけませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください