型を破り前進せよ|2月12日のことです

Release: 2018/02/12 Update: 2019/01/12
Pocket

書道を始めてしばらくすると、必ずいやになる時があります。こうした関所で、いくじなしが、まずふるいにかけられるわけです。
こうした行い詰りを越えて、「一つの手本」が手に入ってくると、うまく書けるようになるのです。この時がまた危険なのです。上手になったと思うときは、一つの型を覚えたのです。しかしそれに安心していると、一歩も進歩しなくなります。ゆえに、古人は、型にはまることを極力戒めました。型はどしどし蹴破って、ぐんぐん進まねばなりません。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)、2月12日の言葉です。

仕事でもそういうことがあると思います。

まずは、うまくいかなくて挫折する人はいます。

ちょっと適正があってうまくいく人もたまにいます。

うまくいく人はいく人で危険ですね。

それはそれで自分のやり方が出来上がってしまいます。

安心が一番よくありません。

常に自分から刺激をとりにいかなければなりません。

満足したら終わりですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください