塗(みち)に由らざる所有り、軍に撃たざる所有り、城の攻めざる所有り、地に争わざる所有り。(九変)|4月7日

Release: 2020/04/07 Update: 2020/04/07
Pocket

塗(みち)に由らざる所有り、軍に撃たざる所有り、城の攻めざる所有り、地に争わざる所有り。(九変)

塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不争。(君命有所不受。)

「道には、ときと場合によっては通ってはいけない所もある。敵軍でも、ときと場合によっては攻撃してはならない敵もいる。敵城にもときと場合によっては争ってはならない土地もある。(そして、たとえ君主の命令であっても、ときと場合によっては従っててはならないものもある)」
”君命に受けざる所有り”は『孫子』兵法の特長を示す言葉といえよう。

4月7日、孫子・呉子一日一言(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

九変を望まれる。流れが変わるような動き。

何事にも流れが極端に変わるということがありますね。

現状を打破する大きな変化。

情況をよく見極めて一気に流れを変える。

これは現場の人間にしかわからないこと。

上司の命令でも従わないでやることが大事な場面もあります。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください