士は茲の多口に憎まる|12月8日のことです。

Release: 2018/12/08 Update: 2018/12/08
Pocket

士は茲の多口に憎まる

傷むことなかれ、士は茲の多口に憎まる。(尽心上十九章)

いたむことなかれ、しはこのたこうににくまる。(じんしんしもじゅうきゅうしょう)

【訳】
何も気にするな。士という者は、徳が高ければ高いほど、多くの小人の口にかかって、悪く言われるものだから。

12月8日、孟子一日一言の言葉です。

自分が小人になっている。

人のうわさ話などに同調していないか。

あるでしょうね。

口にチャックが必要です。

自分の評価は他人がするものですから注意が必要ですね。

徳の高い人を目指さねばなりません。自分はいつでも変えられのですから。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください