大きい動きにのる|4月30日のことです。

Release: 2018/04/30 Update: 2018/04/30
Pocket

大きい動きにのる

人生は一つのリズムに乗って生活している。
大きい動きに、のることである。そのときそのとき、天候気候・自然・人事・心の動きのただそのままに、すべての現象に泰然として乗り、自若として居る。大船にのった心、大波にのった相…。
春におり、夏に涼み、秋に楽しみ、冬に親しむ。一つとしてそれに抗せず、順応する。
このとき、すべては、天のままに花さき、地のまにまに実る。人間生活のすべて、自然現象のことごことくが。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月30日のことです。

自然のリズムで生きることは結局明るくなれば起き、暗く成れば休むということでしょうし、腹が減れば食べというような現象に逆らわないことなんでしょう。

とすれば、基本的には楽しくあるようにし苦しければやめるというなことそうかもしれません。

しかし、苦しいことからは逃れられないため変換するようにする。

そのようなことが大きい動きというのでしょうか。

とにかく今日を後悔なきように生きるしかありませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください