天をおそれる|12月10日のことです。

Release: 2018/12/10 Update: 2018/12/10
Pocket

天をおそれる

法律、規約、これは人のきめたものだから、守る守らぬは、そんな厳密なものではない。うまくのがれれば得をするといったふうにあまく見ている。これは大変な誤りである。
少し目を洗い、耳をそうじして世間を見てみると、法網をくぐって出来た金銭・財産は、その人の身につかぬのみか、かえって、その人を、家を不幸にする。
少し頭のよい注意深い人は、これを一々の実例を見て、天の記録の精密さ、そのみちのきびしさに襟を正す。天をおそれるとはこの事である。

12月10日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

よく周りを見渡してみると実際本当にそうですね。

払うべきものを払わないでいる。

その瞬間はよいかもしれませんが必ず身に降りかかってくる。

見てみぬふりも結局は自分の身に降りかかってくる。

その場をうまく乗り切っても自分はうまくやってもいずれ家族に降りかかる。

天は見ている。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください