天を怨みず|3月6日のことです。

Release: 2018/03/06 Update: 2018/03/06
Pocket

君子は天を怨みず、人を尤めず。(公孫丑下十三章)

【訳】
心ある立派な人は、どんなことがあろうとも、天を怨んだり、人をとがめたりはしない。

〇松陰は「心ある立派な人の心は、二つの面がある。その一つが、自分自身に対処する心である。いかに困難な状況にあろうとも、のどかな態度で対処し、少しも天を怨み他者をとがめるところはない。他方は、世を憂える心である。天下を見ることわが家のごとく、万民を見ることわが子のごとく親切親身である。世が乱れ民が苦しむと、食も喉を通らず、安眠もできぬようになる」と記している。

孟子一日一言、3月6日、今日の言葉です。

心を鍛えねばなりません。

体は目に見えて変化がありますが、心は本当に直していくのは難しいです。

考え方のくせを直さなければいけません。

それをするためには訓練しかありません。

自分自身を変えていかねばなりませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください