天・命|6月30日のことです。

Release: 2018/06/30 Update: 2018/06/30
Pocket

天・命

之れを為すなくして為るものは天なり。之れを致すなくして至るものは命なり。(万章上六章)

これをなすなくしてなるものはてんなり。これをいたすなくしていたるものはめいなり。(ばんしょうかみろくしょう)

【訳】
人が自分からそうしようとしなくても自然にそうなってくるのは天である。こちらから招かないのに自然にやってくるのは命である。

6月30日の孟子一日一言です。

自然となっているもの。

そんな状態はたくさんあると思います。

理由はないただそうなっている。

しかし、なぜそうなっているかとうのは考えてもわからないもの。

時間とかもそういうものかもしれません。

命というもは招く場合もあると思いますがどうなんでしょうね。

なんでと問うことを常にしなければいけませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください