株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2018/02/06 Update: 2019/01/12

子は親の心の実演|2月6日のことです

Pocket

子供は親そのままである。顔形から、身ぶりから、言語の言いぶりから、くせに到るまで・・。

だから子供の手が負えぬ、悪くて困るという時、その原因はことごとく両親にあると知って、自分を改め、夫婦が明朗愛和に帰る時、子供たちに指一本ふれず、一言も言わなくとも、りっぱにたち直ってしまう。

親たちは上べを飾り、人前につくって上品に暮らしていても、子供たちは、堂々と、つつみかくしなく、親の心を実演する。

家は、その小さな名優の舞台である。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)2月6日の言葉です。

子は親の心を実演する名優である。

問題は夫婦が仲良くいることですね。

毎日一緒に暮らしているのですから親を見ているわけです。

似てくるのは当然ですね。

しかし、夫婦が子どもの行動の悪いところをあんたそっくりと言っているようではだめなんですね。

親の心の反映が子どもだとするならば自分を反省して夫婦仲良くすることが大切ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください