学びの道|11月26日

Release: 2019/11/26 Update: 2019/11/26
Pocket

学びの道

弟子の師に対する「情」は、絶対敬幕、尊崇無雑の絶対随順、その「義」は血縁の父子をも超えて、親子以上の親子、命の契りの上に立つものであった。
弟子がその師に絶対順従するが故に、その師のもつ有りとあらゆるもの一切を、受ける、自らして得る。
学道の要は、ただ己を虚しくするにある。師を仰ぎ尊ぶにある。その学芸を技能を習熟するには、身命を忘れるにある。学道のために、己をかえりみぬにある、名利をはなれるにある。

11月26日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、、今日の言葉です。

おはようございます。

弟子と師の関係というのはこうあるべきなんでしょうね。

そういう関係性には美しさも感じます。

世の中がどう変わろうとこういう世界は素敵なのは間違いありません。

職人の世界どれも努力と師弟の関係なくして素晴らしいものは出来ないと感じます。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください