惟だ仁者は宜しく高位に在るべし|4月17日のことです。

Release: 2018/04/17 Update: 2018/04/17
Pocket

惟だ仁者は宜しく高位に在るべし

惟だ仁者は宜しく高位に在るべし。不仁にして高位に在るは、是れ其の悪を衆に播するなり。(離婁上首章)

ただ、じんしゃはこういにあるべし。ふじんにしてこういにあるは、これそのあくをしゅうにはするなり。(りろうかみしゅしょう)

【訳】
ただ心ある仁者だけが人君の高い地位にいるべきである。仁のない者が高い地位にいれば、害悪を天下の民衆にまき散らすこととなる。

4月17日、今日の孟子一日一言です。

そうなんですが、とても難しいことなんでしょうね。

偉い人こそ仁の心があればいいのですが、上に上がれる人は要領がいいものです。

そう簡単にはいかないのが人間社会なんでしょうが明日は良くなると信じたいですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください