成長の原理|7月10日のことです。

Release: 2018/07/10 Update: 2018/07/10
Pocket

成長の原理

成長とは、二者の対立が一つに統一されることによって、新しいものが生まれてくるのです。新しいものと申しましても、その本質は厳然として不変でありながら、そこに他のものを採り入れるのです。
家の成長発展は他家より嫁を娶り、次の時代が発展してゆく。その半分がなければ、「一」と成長することのできない「必須不可欠の半ば」を他より入れて、統一のはたらきの中、新しい創造が行なわれてゆく、すべての文化の史的は発展が、こうした成長の必然性に立って、伸び太って進んでゆくのです。

7月10日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

成長の原理、難しいですね。

”必要不可欠の半ば”というのが難しい。

なくてはならない半分。

成長発展にはなくてはならない半分があるということなんですね。

必要不可欠の半分と半分がくっつくことで”一”になる。

嫁は私にとって必要不可欠の半分ということなんでしょうね。

これで初めて家の成長がある。

大事な半分ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください