我が師を尊ぶ|10月22日

Release: 2019/10/22 Update: 2019/10/22
Pocket

我が師を尊ぶ

いやしくも人の師と選ばれた人々は、一芸一能において、また学識経験において、その弟子を教導するに、すぐれた境地と信念をもっていない者は無い。
或いは一世に抜きん出て衆望をおおい、或いは巷にかくれ野にのがれて己を韜晦している一世の達人・達識であることもあろうと、我が師事する師を、どんなに尊んでもまだまだ及ばぬと、まことをかたむける。これを学道という。

10月22日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

わが師を尊ぶ。

古人に学ぶということは正しくそうであると思います。

死んでも残るものは文章しかなかった。

言葉をしっかりと書けなければいけないと日々感じます。

しかし、これから先は動画で残るということもあるんでしょうか。

時代に合わせて自分や会社も変化しなければなりませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください