我らは太陽民族|12月29日のことです。

Release: 2018/12/29 Update: 2018/12/29
Pocket

我らは太陽民族

病気とは、気が病む事、心が当たり前でなくなっているのである。体が痛むという事は、心がいたんでいることである。心を清めれば、即座に体は清まる。明るい心が、身体を健康にし、家庭を明朗にし、仕事を順調にする。心が先であり、心がすべてである。その心はまた、誠に自由である。小さくすればチョウチンにもなり蛍火にもなり、かかげれば、電灯にもなり探照灯にもなり月にもなり、果ては太陽と輝く。
ことに我らは太陽をもって、民族のしるしとし、国の象徴とし、日の丸の旗を高くかかげた太陽民族である。

12月29日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

明るいことは大事なことで笑顔というのもうなずけます。

どっちが先か無理やり笑顔で明るく振舞うということも大事な時があります。

しかめっ面で暗い状態では病気になりますね。

すべては自分次第で変えられる。

来年は不に巻き込まれないように心がけたいものです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください