我以て往くべく、彼を以て来るべきもの、交地と為す。(九地)|6月20日

Release: 2020/06/20 Update: 2020/06/20
Pocket

我以て往くべく、彼を以て来るべきもの、交地と為す。(九地)

「わが軍も攻め入ることができるし、敵軍もやって来ることのできる地域を交地という」
”交地”とは、かんたんにいえば、敵も味方もたやすく進攻できる地域である。
このような地域で戦闘するばあい、敵味方両軍が正面衝突して交戦することが多い。だから交地と定義したのであろう。
このような地域は大体において平坦地である、湖沼、ジャングルなど障害物も少なく。大軍を展開するのに都合のよいところである。

6月20日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

敵味方自由に往来できる場所。

しかも平坦な場所となると大軍はこういう場所でないと展開できませんね。

なんだか決戦をするには都合のよい場所にも感じます。

弱者はこういう場所で戦ってはいけませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください