戦道必ず勝たば、主は戦う無かれと曰うとも、必ず戦いて可なり。(地形)|6月6日

Release: 2020/06/06 Update: 2020/06/06
Pocket

戦道必ず勝たば、主は戦う無かれと曰うとも、必ず戦いて可なり。(地形)

戦道必勝、主曰無戦、必勝可也。

「必ず勝つという見通しが立てば、たとえ主君が戦うなといっても、戦ってよい」
これも前日の文章をふまえている。
”戦道”とは前述の”道”をさしている。
先に、”地形を利用し、敵情を察知して作戦計画をたてるのが将軍たるものの”道”と強調しており、戦道とはこれをさしていると考えられよう。
このいくさの道に照らし合わせて”勝つ”という見通しを立てられるなら、断固として戦争を始めてよい。

6月6日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

主君が戦うなといっても戦う、逆に戦えといっても戦わない。

どちらにしてもここまでやるのは兵士の命、国民の生命や生活を守ることが大前提だからでしょうね。

やはり明確な目標をもつことはとても大事です。

なんのために戦うのか。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください