敵撃つべきを知り、吾が卒の以て撃つべきを知りて、(地形)|6月13日

Release: 2020/06/13 Update: 2020/06/13
Pocket

敵撃つべきを知り、吾が卒の以て撃つべきを知りて、(地形)

知敵之可撃、知吾卒之可以撃、(而不知地形之不可以戦、勝之半也。)

「敵に勝つ自信があり、味方は勝てるだけの実力を持っていると認識していたとしても、(地の利が悪いことに気づかなければ、これもまた勝敗の確立は五分五分である)」
彼我の戦力を知り尽くしていつだけではまだ不十分である。地の利を得ているか否かを認識しなければならない。将たる者の地形を把握することの重要性が、ここで強調されている。
かっこ内は、地形の以て戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。と訓ずる。

6月13日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

自分の実力を知って、敵に隙があるかを知ってもまだまだ。

最後は地の利があるかということも確認する。

なかなか簡単には戦えませんね。

当然のことです。

絶対に負けられないのですから。

常に自軍が圧倒的に有利な状態でない限り戦ってはいけませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください